どんなシーンで活用されてるの?トランシーバー導入例をチェック!|【通信お得情報局】知ってて得する海外wifiや格安SIMなどの情報とは!?|SUMANET

意思伝達速度を早めれば、より業務を効率化できる!

トランシーバーを活用できるシチュエーションとは!?

トランシーバーを導入することで業務効率を向上させている現場は数多くあります。具体的にどのような現場でトランシーバーが導入されて、どのようなメリットをもたらしているのかを紹介します。

どんなシーンで活用されてるの?トランシーバー導入例をチェック!

無線

導入例1、「飲食業」

飲食店のキャッチと店内スタッフにトランシーバーを持たせることによって、来店するお客様の人数や、店内の空席状況といった情報を共有することができます。それによって、来店したお客様に対してスムーズに接客を行えたり、満席の状況でお客様を案内して待たせるといったオペレーションのミスを防いだりすることができます。

導入例2、「商業施設」

商業施設は数多くの品物が揃っており、自分の担当ではない商品なども数多くあるかと思います。お客様に自分の担当外の商品について質問があった際にも、トランシーバーがあれば担当スタッフと連携をとってお客様の質問にも答えることができます。また、大型の商業施設の場合なども、離れたスタッフとスピーディーにやり取りができて業務効率を高められます。

導入例3、「建設業」

建設業は常に事故のリスクと隣り合わせですので、誰がどこでどんな作業をしているかということをしっかり情報共有しておくことが重要となります。トランシーバーを導入することで、それぞれの作業内容をしっかり把握して、事故のリスクを軽減し、安全な現場環境作りを実現します。

導入例4、「イベント業」

イベントの際には、数多くのお客様が会場に訪れる為、動線の確保が難しくなります。そのため、走り回ってスタッフ同士で連携を取るのが難しくなります。トランシーバーを導入することで混雑している会場でもスムーズに運営を行うことができます。イベントの時にだけ使用するのであれば、購入するよりもレンタルの方が便利でしょう。

広告募集中